フェラーリ動画ファン

フェラーリのYoutube動画を紹介するサイトです。

2017-06
« 123456789101112131415161718192021222324252627282930 »


スポンサーサイト


Sponsored Link
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sponsored Link

フェラーリ FXXがサーキットを全開走行!動画ご覧ください


Sponsored Link
「FXX」は、F40やF50そしてエンツォに続くフェラーリの特別限定モデルの製造ノウハウの集大成です。

エンジンは、8,500回転で800馬力以上を生み出す6,262cc V12を搭載。ギアボックスは、F1の技術を継承し、ギアチェンジに要する時間は100ms以下を達成。これは、現時点で成し得る技術の極致であり、まさにF1マシンに並ぶ速さとなる。車体重量は1,155kgでパワーウェイトレシオは1.44kg/hp。そして、フィオラノコースで1分18秒以下というラップタイムは、この車の真の実力と並外れたパフォーマンスを物語ります。



フェラーリFXXの製造台数は29台。「FXX」本体とフェラーリにより運営される14イベントへの参加などの権利が含まれるパッケージの費用は合計150万ユーロ(税込、日本円で約2億円)と驚きの価格です。
Sponsored Link

» READ MORE ...

スポンサーサイト

フェラーリ・FXX動画!アクセルガンガン踏んでます


Sponsored Link
フェラーリ・FXX動画!アクセルガンガン踏んでます!!

ドライバーかなりアクセル全開ですよ!!
ここでおさらい!フェラーリ・FXXとは、イタリアのフェラーリがエンツォ・フェラーリをベースに開発したサーキット走行専用車のことです。公道では走行することが出来ないんですよ。

2005年、エンツォ・フェラーリをベースとして、フェラーリの持つ技術を結集させた、サーキット専用モデル(公道での走行は不可)が発表されました。今までマラネッロで製作された車の中では最も高度なGT。

ボディパネルはカーボン製で、車体重量は1155kg。空力特性が改善されていて、ダウンフォースはエンツォを40%も上回る。さらに、可動式のスポイラーを搭載し、サーキットにあわせて調節が可能。シートやペダルもドライバーに合わせてオーダーメイドされる。助手席を装備することも可能。 構造上運転席からは後方が見えないため、ルーフにカメラがついている。

搭載されるエンジンは6262ccのV12エンジンを搭載。800PS/8500rpmという高出力を生み出す。さらに、F1の技術をもとに開発されたトランスミッションは、約80msecでギアチェンジを行うことが出来る。

ブリヂストン製の専用の19インチ・スリックタイヤと、ブレンボ製の専用の大径セラミックコンポジット・ディスクブレーキを搭載。ブレーキ冷却とパッドのシステムは専用に開発されたものである。  ちなみに「FXX」と言う名前は、エンツォ・フェラーリの開発コードの「FX」にはかり知れない可能性とスピードを著わす「X」を付け足したもの。

通常の状態では、エンジン出力を抑制するコントロールがなされている。セーフティーコントロールを解除すると、相当のオーバーステア特性となり、フォーミュラ経験のある職業レーサーでも 乗りこなすのが困難とされている  フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用しています。

かっこいいですよね。たまらん



Sponsored Link

HOME |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。