フェラーリ動画ファン

フェラーリのYoutube動画を紹介するサイトです。

2009-06
« 123456789101112131415161718192021222324252627282930 »


スポンサーサイト


Sponsored Link
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sponsored Link

Jeremy Clarksonによるエンツォ フェラーリのレビュー動画


Sponsored Link
エンツォ フェラーリを世界でもっとも有名なモータージャーナリストのJeremy Clarksonがレビューします。

解像度が高いので、エンツォがサーキットを駆け抜ける姿とサウンドをしっかりと見ることができます。

Clarksonのまじめなレビューの最後の、フェラーリ右後方に美女が立って死角を検証する場面が笑えます。



エンツォ・フェラーリは、2002年のパリサロンでベールを脱いだ世界中のスーパーカーマニアを唸らせたフェラーリのスーパープレミアムスポーツカーです。

フェラーリの創業者である故エンツォ・フェラーリの名を冠したこのモデルが、同社の記念限定モデルF40、F50をも超える21世紀型スーパースポーツであることに疑う余地もありません。

その紛れもない事実として、自然吸気エンジンとしてはおそらく限界に近いチューニングが施された6リッターV型12気筒エンジンは、最高出力660psを豪語。

また、最高速がそれぞれ324km/h、325km/hであるF40、F50に対し、フェラーリ・エンツォは350km/h Overと公表しています。

ピニンファリーナの原案を基に空力を煮詰めたボディは、車体下部にF50や360モデナに採用したベンチュリートンネルよりもさらに強いダウンフォースが得られるデザインとしています。

サスペンションは前後ともダブルウィッシュボーン。タイヤはフロントが245/35ZR19、リアが345/35ZR19。その超高性能にパワーステアリングやABSやトラクションコントロールなどの最新技術もそなわった究極のフェラーリなのです。
Sponsored Link

» READ MORE ...

スポンサーサイト

台湾の渋滞にはまったエンツォ・フェラーリ動画


Sponsored Link
エンツォ・フェラーリが走る姿を捉えた動画は結構ありますが、台湾の渋滞にはまった姿を見たのはこれが初めてです。

日本の16号と似た風景の中をエンツォが渋滞にはまっています。会話の中でも出てきますが、こうしてみるといかにこの車の車幅が広いのかがよくわかります。



創始者エンツォ フェラーリ(Enzo Ferrari)と命名されたこの車は、レースで培ってきた技術の粋を結集して作られた、フェラーリにとって21世紀最初の特別なスーパーカーです。

エンツォ フェラーリは、2002年のパリサロンで正式デビューしたフェラーリのフラッグシップ・モデルです。創始者の名を冠したこのスーパープレミアムスポーツカーは、F1で培った技術を惜しみなく投入して開発されました。

カーボンコンポジットモノコック、650馬力を発揮する6リッターV型12気筒エンジン、高度に電子制御されたプッシュロッドタイプのダブルウィッシュボーンサスペンションなど、最高の装備が標準で装備されています。

それらのハイメカニズムをピニンファリーナの手になるエアロボディで完成させたプレミアム・スーパースポーツカーです。
Sponsored Link

スクーデリア・フェラーリ(Scuderia Ferrari)田舎道をのんびり走行していきました!


Sponsored Link
フェラーリスクーデリア 430Scuderia


実質的にチャレンジ・ストラダーレの後継車。
2007年フランクフルト・モーターショーでミハエル・シューマッハによって発表て、その 最高出力(380kW(510bhp)/8,500rpm)、重量(1,250Kg)です。F1-TracやE-Diffを組み合わせた新型のトラクション・コントロールを搭載しているんですよ。 2008年5月には日本でも発売が開始され、3,026万円というプライスがついたそうです。驚きーー!!

スクーデリア・フェラーリ(Scuderia Ferrari)は、イタリアの自動車メーカー、フェラーリのモータースポーツ部門です。F1コンストラクターとして、現在はメインスポンサーであるタバコブランド「マールボロ」の名を冠していて、「スクーデリア・フェラーリ・マールボロ」(Scuderia Ferrari Marlboro)が正式名称なんですね。

ベース車であるF430と同じシルエットを持つものの、エクステリアやインテリアだけでなく、その中身には大幅に手が加えられています。とにかくかっこいいですよね。







Sponsored Link

エンツォ・フェラーリなど4台が高速を爆走中!音がイイね


Sponsored Link
フェラーリ・エンツォを始めとして、ブガッティ・ヴェイロン、ポルシェ・カレラGT、パガーニ・ゾンダが、彼らのペースでフランスの高速道路を爆走します。



【エンツォ・フェラーリとは】
エンツォ・フェラーリは、2002年のパリ・サロンでデビューしました。288GTO、F40、F50に続くフェラーリのスーパープレミアムモデルとして、生産台数は399台。F1で1999年から2002年まで4年連続でコンストラクターズ・タイトルを獲得したフェラーリ・チームの、レースで培った最新技術が注ぎ込まれています。

F1マシンをイメージさせる斬新なスタイルは、ピニンファリーナの日本人デザイナー、奥山清行氏が手掛けたもの。F1譲りのエアロダイナミクス論理によって、空力が徹底的に追求されています。エアをフロントからフロア下面に導くことにより強力なダウンフォースを発生させ、その力を可変ウイングなどにより自動的に調節する仕組みとなっています。

動力性能も歴代フェラーリで最高峰を誇ります。6リッターV型12気筒エンジンは最高出力660馬力を発揮。大柄なボディながら車両重量は1,255kgしかなく、パワー・ウェイトレシオは、たったの1.90kg/ps。0-100km/hを3.65秒、0-1000mを19.6秒で駆け抜け、最高速度は350km/hを超えます。

【ブガッティ・ヴェイロンとは】
ヴェイロンは、ドイツのフォルクスワーゲンの100%子会社であるBugatti社のスーパーカーです。フェルディナント・ピエヒ率いるフォルクスワーゲングループの最高峰車両としての役割を担い、価格はなんと1億8800万円です。
Sponsored Link

時速320km/hで爆走するエンツォ・フェラーリ


Sponsored Link
エンツォ・フェラーリが時速320km/hで高速道路を爆走しています。エンジン音が鮮明に聞こえないのが残念ですが、確かに早いです。

メーターは見えませんが景色の流れるスピードや対向車とのすれ違い、追い越しのスピードなどが半端ではありません。



エンツォ・フェラーリは、2002年のパリサロンでベールを脱いだ世界中のスーパーカーマニアを唸らせたフェラーリのスーパープレミアムスポーツカーです。

フェラーリの創業者である故エンツォ・フェラーリの名を冠したこのモデルが、同社の記念限定モデルF40、F50をも超える21世紀型スーパースポーツであることに疑う余地もありません。

その紛れもない事実として、自然吸気エンジンとしてはおそらく限界に近いチューニングが施された6リッターV型12気筒エンジンは、最高出力660psを豪語。

また、最高速がそれぞれ324km/h、325km/hであるF40、F50に対し、フェラーリ・エンツォは350km/h Overと公表しています。

ピニンファリーナの原案を基に空力を煮詰めたボディは、車体下部にF50や360モデナに採用したベンチュリートンネルよりもさらに強いダウンフォースが得られるデザインとしています。

サスペンションは前後ともダブルウィッシュボーン。タイヤはフロントが245/35ZR19、リアが345/35ZR19。その超高性能にパワーステアリングやABSやトラクションコントロールなどの最新技術もそなわった究極のフェラーリなのです。
Sponsored Link

フェラーリ・エンツォの最高級モデルカーのお値段にびっくり!


Sponsored Link
フェラーリの最上級モデル「エンツォ」。フェラーリ社の創設者の名前を受け継いだエンツォはフェラーリ創設60周年を記念するア二バーサリーモデルです。本モデルはヘルメット製作会社としても有名なBELLが、399人の選ばれたオーナーの為だけに作られたスペシャルモデルにちなんで、同じく399人の為だけに製作した最高級のモデルカーです。

6リッター65°V型12気筒エンジンをリア・ミッドに搭載し最高出力660馬力を誇ります。

革シートの材質に実車のエンツォに採用される革と同じ物を使用し、ホイール部もアルミを採用するなど、迫力だけでなく質感や存在感までも追求した究極のモデルです。

ボディ素材にファイバーグラス、内装はスケドーニ社製の本皮、ホイールにはアルミを使用、生産台数399台の限定品です。

全長:約94cm、全幅:約40cm、全高:約22cm。

前後カウル、左右ドアは固定式です。

世界でもっとも高級なエンツォのモデルカーの驚きの価格はこちらをご覧ください。

BELL社のエンツォ・フェラーリ2

BELL社のエンツォ・フェラーリ3

BELL社のエンツォ・フェラーリ


世界でもっとも高級なエンツォのモデルカーの驚きの価格はこちらをご覧ください。

Sponsored Link

2009フェラーリ カリフォルニアのエンジン音!ド迫力


Sponsored Link
Ferrari カリフォルニアの動画です。Ferrari Californiaのエンジンの始動音から全回で走り去る音声が楽しめます。



フェラーリ・カリフォルニア」はV8ファミリーに属し、V12モデルである2+2クーペ「612 SCAGLIETTI(612スカリエッティ)」の下のポジションに位置する。

パワーユニットのV8エンジンは4.3リッターで、460psものパワーを出力。直噴技術や“フラット”クランクシャフトといった先進技術が盛り込まれた。この強心臓、フェラーリのV8ユニットでははじめてフロントミドに搭載される。ギアボックスは、7段のデュアルクラッチ・トランスミッションが組み合わされる。

フェラーリ・カリフォルニアのパフォーマンスは、0-100km/h加速が4秒以下と韋駄天の速さ。スポーツカーにも環境性能が求められるこのご時勢、二酸化炭素排出量は310g/kmという値を示す。
Sponsored Link

フェラーリ FXXがサーキットを全開走行!動画ご覧ください


Sponsored Link
「FXX」は、F40やF50そしてエンツォに続くフェラーリの特別限定モデルの製造ノウハウの集大成です。

エンジンは、8,500回転で800馬力以上を生み出す6,262cc V12を搭載。ギアボックスは、F1の技術を継承し、ギアチェンジに要する時間は100ms以下を達成。これは、現時点で成し得る技術の極致であり、まさにF1マシンに並ぶ速さとなる。車体重量は1,155kgでパワーウェイトレシオは1.44kg/hp。そして、フィオラノコースで1分18秒以下というラップタイムは、この車の真の実力と並外れたパフォーマンスを物語ります。



フェラーリFXXの製造台数は29台。「FXX」本体とフェラーリにより運営される14イベントへの参加などの権利が含まれるパッケージの費用は合計150万ユーロ(税込、日本円で約2億円)と驚きの価格です。
Sponsored Link

フェラーリ40台がロンドン市内を走!動画ぜひご覧ください!


Sponsored Link
ロンドン市内を走行するフェラーリ40台ということなのですが、24秒ぐらいで動画が止まってしまうかもしれません。

それにしても、街中でフェラーリが走っている音を聞くとうれしくなってしまうのは私だけでしょうか。

日本のフェラーリのミーティングの動画もこうしたYoutube等の動画情報サイトで見れるとうれしいですね。




フェラーリ (Ferrari) はエンツォ・フェラーリが設立したイタリアの自動車会社、及びF1のコンストラクターです。

現在は、フィアットグループの傘下にあり、日本国内においてはコーンズという輸入商社が正規代理店を務めています。本社はイタリアのモデナ県マラネッロにあります。基本的に高級GTカー及び高級スポーツカーしか製造していない。
Sponsored Link

HOME |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。