フェラーリ動画ファン

フェラーリのYoutube動画を紹介するサイトです。

2017-05
« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 »


スポンサーサイト


Sponsored Link
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sponsored Link

台湾の渋滞にはまったエンツォ・フェラーリ動画


Sponsored Link
エンツォ・フェラーリが走る姿を捉えた動画は結構ありますが、台湾の渋滞にはまった姿を見たのはこれが初めてです。

日本の16号と似た風景の中をエンツォが渋滞にはまっています。会話の中でも出てきますが、こうしてみるといかにこの車の車幅が広いのかがよくわかります。



創始者エンツォ フェラーリ(Enzo Ferrari)と命名されたこの車は、レースで培ってきた技術の粋を結集して作られた、フェラーリにとって21世紀最初の特別なスーパーカーです。

エンツォ フェラーリは、2002年のパリサロンで正式デビューしたフェラーリのフラッグシップ・モデルです。創始者の名を冠したこのスーパープレミアムスポーツカーは、F1で培った技術を惜しみなく投入して開発されました。

カーボンコンポジットモノコック、650馬力を発揮する6リッターV型12気筒エンジン、高度に電子制御されたプッシュロッドタイプのダブルウィッシュボーンサスペンションなど、最高の装備が標準で装備されています。

それらのハイメカニズムをピニンファリーナの手になるエアロボディで完成させたプレミアム・スーパースポーツカーです。
Sponsored Link

スクーデリア・フェラーリ(Scuderia Ferrari)田舎道をのんびり走行していきました!


Sponsored Link
フェラーリスクーデリア 430Scuderia


実質的にチャレンジ・ストラダーレの後継車。
2007年フランクフルト・モーターショーでミハエル・シューマッハによって発表て、その 最高出力(380kW(510bhp)/8,500rpm)、重量(1,250Kg)です。F1-TracやE-Diffを組み合わせた新型のトラクション・コントロールを搭載しているんですよ。 2008年5月には日本でも発売が開始され、3,026万円というプライスがついたそうです。驚きーー!!

スクーデリア・フェラーリ(Scuderia Ferrari)は、イタリアの自動車メーカー、フェラーリのモータースポーツ部門です。F1コンストラクターとして、現在はメインスポンサーであるタバコブランド「マールボロ」の名を冠していて、「スクーデリア・フェラーリ・マールボロ」(Scuderia Ferrari Marlboro)が正式名称なんですね。

ベース車であるF430と同じシルエットを持つものの、エクステリアやインテリアだけでなく、その中身には大幅に手が加えられています。とにかくかっこいいですよね。







Sponsored Link

エンツォ・フェラーリなど4台が高速を爆走中!音がイイね


Sponsored Link
フェラーリ・エンツォを始めとして、ブガッティ・ヴェイロン、ポルシェ・カレラGT、パガーニ・ゾンダが、彼らのペースでフランスの高速道路を爆走します。



【エンツォ・フェラーリとは】
エンツォ・フェラーリは、2002年のパリ・サロンでデビューしました。288GTO、F40、F50に続くフェラーリのスーパープレミアムモデルとして、生産台数は399台。F1で1999年から2002年まで4年連続でコンストラクターズ・タイトルを獲得したフェラーリ・チームの、レースで培った最新技術が注ぎ込まれています。

F1マシンをイメージさせる斬新なスタイルは、ピニンファリーナの日本人デザイナー、奥山清行氏が手掛けたもの。F1譲りのエアロダイナミクス論理によって、空力が徹底的に追求されています。エアをフロントからフロア下面に導くことにより強力なダウンフォースを発生させ、その力を可変ウイングなどにより自動的に調節する仕組みとなっています。

動力性能も歴代フェラーリで最高峰を誇ります。6リッターV型12気筒エンジンは最高出力660馬力を発揮。大柄なボディながら車両重量は1,255kgしかなく、パワー・ウェイトレシオは、たったの1.90kg/ps。0-100km/hを3.65秒、0-1000mを19.6秒で駆け抜け、最高速度は350km/hを超えます。

【ブガッティ・ヴェイロンとは】
ヴェイロンは、ドイツのフォルクスワーゲンの100%子会社であるBugatti社のスーパーカーです。フェルディナント・ピエヒ率いるフォルクスワーゲングループの最高峰車両としての役割を担い、価格はなんと1億8800万円です。
Sponsored Link

時速320km/hで爆走するエンツォ・フェラーリ


Sponsored Link
エンツォ・フェラーリが時速320km/hで高速道路を爆走しています。エンジン音が鮮明に聞こえないのが残念ですが、確かに早いです。

メーターは見えませんが景色の流れるスピードや対向車とのすれ違い、追い越しのスピードなどが半端ではありません。



エンツォ・フェラーリは、2002年のパリサロンでベールを脱いだ世界中のスーパーカーマニアを唸らせたフェラーリのスーパープレミアムスポーツカーです。

フェラーリの創業者である故エンツォ・フェラーリの名を冠したこのモデルが、同社の記念限定モデルF40、F50をも超える21世紀型スーパースポーツであることに疑う余地もありません。

その紛れもない事実として、自然吸気エンジンとしてはおそらく限界に近いチューニングが施された6リッターV型12気筒エンジンは、最高出力660psを豪語。

また、最高速がそれぞれ324km/h、325km/hであるF40、F50に対し、フェラーリ・エンツォは350km/h Overと公表しています。

ピニンファリーナの原案を基に空力を煮詰めたボディは、車体下部にF50や360モデナに採用したベンチュリートンネルよりもさらに強いダウンフォースが得られるデザインとしています。

サスペンションは前後ともダブルウィッシュボーン。タイヤはフロントが245/35ZR19、リアが345/35ZR19。その超高性能にパワーステアリングやABSやトラクションコントロールなどの最新技術もそなわった究極のフェラーリなのです。
Sponsored Link

« BACKHOME | NEXT »

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。